お知らせとスタッフ日記

2019.04.19 (Fri)  10:29

保護者様へ

子供たちを指導する上で、周りの大人は、お手本となります。

まずは、しっかり我々が見本とならなければと考えています。

社会のルールやマナーや思いやり

そして生きぬいていく上で、必要なことは身に着けたいと思います。

自分で判断し、自分で行動し、自分で検証する。

他がしているからと集団に流されないで。

またトップチーム(最高学年)は、これからの下の学年のお手本となります。

子供も保護者様も意識を高く持ってください。

 

基本、子供たちの競技場内には立ち入らない

施設や状況に応じて多少は異なりますが、人工芝も天然芝も同様です。天然芝も人口芝も大変傷みやすいです。

管理費用と維持労力の面からして、大人の体重で通常の靴で踏みつけることは、とてもよくありません。

パイプ椅子等の持ち込みは禁止。場所に寄っては、保護者様に配慮して頂ける会場もありますが、基本

立ち入らない事がベストです。

公共の施設を大事に使うことを意識してください。

競技場周辺の陸上トラックの横断禁止

グランド内に入る場合、周辺に陸上競技用のトラックがある場所は横切ることはできません。

子供たちは、緑色のマットを渡って、グランドに入ります。

他のチームは気にせず、渡り荒らしているのをよく見かけますが、禁止です。

クレイでもゴムチップ舗装でも同様です。

飲食

試合時の飲食について、補食と考えています。

楽しい通常の食事とは別としています。

堅苦しい程ではありませんが、試合に来ているという目的をブレずに内容のあるものにしたいと考えています。

摂るタイミングと食べる量

その日の状況等によって、補食のタイミングも一度に摂る量も大きく異なります。

食べ物は保護者様が管理されずに子供たちに管理させて下さい。

「今、少し入れて」と言っても「お母さんに渡してる。」「車の中に置いてきました。」という返事があります。

エネルギー不足で動けなくなる場合もありますので、よろしくお願いいたします。

雨天の準備

雨の日、薄手のままで震えている子供が多いです。

「上から着て」と言っても「持ってきていない」、「車の中」・・・。

夏場でも寒いことがあります。

手荷物

子供の荷物を持ってあげないでください。

バッグやボール、クーラー等、自分で出来る事なので。

だからといって、手を一切貸すなということではありません。出来る事を安易に手を出さないということです。

解散まで

集合してから解散まで預かります。試合時間内に保護者様にお手伝いして頂く事やお願いすることはほとんどありません。万が一、必要とする場合はこちらからお話をいたします。おられない場合は、こちらで対応いたしますので、心配無用です。

体調不良

その日、体調不良な場合は、お子様から申し出て下さい。

 

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

Today's Schedule
2019.08.22 Thursday